アンチエイジング

イソフラボンの副作用の詳細

カラダに良いといわれる、大豆に含まれるイソフラボン。
特に、女性ホルモンと同じ作用があるので、化粧品やサプリメントも人気です。しかし、イソフラボンを過剰摂取すると副作用がでることが色々な研究であきらかにされています。
イソフラボンの摂取量は、上限が70mg~75mgといわれています。

そのうち、特保食品やサプリメントなどでは、1日のイソフラボンの摂取量は30mgが目安とされています。
イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをしますが、適正量以上のイソフラボンの摂取は、かえって女性ホルモンの分泌異常を招くといわれています。
これは、妊娠がしづらくなったり、月経周期が長くなったりしたりと様々な問題がでてきます。

また、妊婦が大量の量を接種し続けると、胎児に影響が出るともいわれています。
また、乳幼児や15歳以下の子どもが、食事以外にイソフラボンを摂取することはお奨めできません。
なんだか少し、イソフラボンが怖くなってきたかもしれませんが、これらは過剰摂取し続けた場合であり、適正量http://galgame.jp/anime.htmlを守って摂取していれば何の問題もないのでご安心ください。
きちんと、摂取量も守って、毎日の食生活にイソフラボンを取り入れていきたいですね。

このページの先頭へ