アンチエイジング

イソフラボンの過剰摂取

イソフラボンはとても体に良いと言われています。しかし、どんなに良い成分でも取りすぎは良くありません。
食品安全委員会によると、大豆イソフラボンの安全な一日の摂取量は70mg~75mgと記載されています。
また、特定保健食品やサプリメントhttp://www.ontariosolarnetwork.org/healthcare-ranking.htmlで摂取する場合は、一日30mgとされており、残りの40mg~45mgは食品として摂取することが可能になります。

日本人は、昔から納豆や豆腐、醤油やみそなど大豆を食事に取り入れてきました。しかし、近年、イソフラボンが注目され、サプリメントや健康食品などで摂取することが多くなり、過剰摂取の人が多くなっています。
イソフラボンを過剰摂取http://www.civilitasresearch.com/torisugi.htmlすると、子宮内膜症を引き起こしやすくなったり、月経周期が乱れたりします。
また、閉経前の女性が、過剰に摂取した場合、血中ホルモン値が変動したり、月経周期が長くなったりします。

また、妊婦の女性が摂取することで、胎児に悪影響を与える可能性があることも、動物実験でもわかっています。
そのため、妊娠中や授乳中の女性や、15歳未満の子どもには、イソフラボンの摂取には注意を払うよう言われています。
しっかり摂取量を守り、イソフラボンの効果を最大限に利用http://ilearntolive.com/d_0006.htmlしたいですね。


このページの先頭へ